9S MECHANICAL MOVEMENT

メカニカルハイビート36000 GMT

Caliber 9S86

メカニカルハイビート36000 GMT

Caliber 9S86

10振動ムーブメント「キャリバー9S85」の、外乱に強く携帯時に安定した精度を実現した性能はそのままに、GMT機能を付加した、ハイスペックなムーブメントです。

GMTとは世界標準時(Greenwich Mean Time)の略称で、時針、分針、秒針の3本に加わる4本目の24時針(GMT針)によって、もう一つの時刻を表示できる機能です。

時針を現地時間、GMT針を日本時間に調整する際は、りゅうずを1段引き出した状態で、秒針を止めることなく時針だけを操作できるため、正確な分針・秒針の表示を損うことなく時刻合わせができます。

ムーブメント仕様

巻上げ方式

自動巻(手巻つき)

静的精度*

平均日差+5秒~-3秒

携帯精度

+8~-1秒

持続時間(最大巻上時)

約55時間

振動数

36,000振動/時(10振動/秒)

石数

37石

その他機能

日付表示機能、24時針(デュアルタイム表示機能)

*グランドセイコー独自の規格に基づき、工場出荷前にムーブメント単体の状態で、6姿勢差・3温度差の条件下で測定した場合の精度です。また、メカニカルモデルの特性上、ご使用になる条件(携帯時間、温度、腕の動き、強いショックや振動)によっては、前記の精度の範囲を超える場合があります。

ベースとなったCaliber 9S85

10振動ムーブメントは、機械式時計の精度を司る「てんぷ」が1秒間に10回振動します。これを1時間に換算すると36,000回になるため、ハイビート36,000の呼称が付けられています。

一般的なムーブメントは21,600振動/時(6振動/秒)または28,800振動/時(8振動/秒)であることから、10振動がいかに振動数の多いムーブメントであるかが分かります。

グランドセイコーは41年ぶりの10振動ムーブメントの復活に挑戦し、「キャリバー9S85」が誕生しました。
それは単なる過去の復活ではなく、新素材の採用、「MEMS (Micro Electro Mechanical System)技術」の投入などによって進化した、新たな10振動ムーブメントなのです。
Caliber 9S85について詳しく知る

9Sメカニカルとは

約200点のパーツから構成される機械式時計は、パーツ精度がムーブメントの精度を左右する。
どこまでもシンプル。だからこそ、問われるのはパーツ製造技術と職人の加工技術。
グランドセイコーのマニュファクチュールとしてのイノベーションは、この9Sメカニカルムーブメントに凝縮されている。

Caliber 9S86 搭載モデル

9S メカニカル ムーブメント