機械式時計の聖地

グランドセイコースタジオ 雫石

世界有数のマニュファクチュール

岩手県雫石町の静謐な森に囲まれて建つ「グランドセイコースタジオ 雫石」は、9Sメカニカルムーブメントを生み出す世界有数のマニュファクチュールです。

ここでは、グランドセイコーの機械式時計の一つひとつに魂を宿すべく、先端の加工技術を駆使したムーブメントの部品製造・加工から、組立、 調整、検査に至るまで、その一瞬一瞬に、卓越した匠の技を惜しみなく注いでいます。時計師たちの繊細な指先が紡ぎ出す技が精緻にかみ合う時、ムーブメントは初めて命を得て、鼓動を刻み始めます。

工房では、1998年、独自の精度規格「新グランドセイコー規格」を満たすキャリバー9Sを完成させました。その後、精度の要となるパーツの素材から見直し、高速振動に必要な高トルクと55時間のパワーリザーブを実現した自動巻10振動ムーブメント、キャリバー9S85(2009年)を開発。さらに、先進技術によって作られる高精度なパーツを使用することで、従来の機械式時計のスタンダードムーブメント、キャリバー9S55を刷新し、実使用時の精度の安定性を向上させ、72時間のパワーリザーブを実現したキャリバー9S65(2010年)、10振動ムーブメントにGMT機能を付加したキャリバー9S86(2014年)などを生み出し進化を続けてきました。

そして、ブランド誕生60周年を迎えた2020年、これまでに培ってきた匠の技と先進技術を集結し実現した、グランドセイコー史上最高といえるキャリバー9SA5が誕生しました。着想から実に9年、日本の美意識をもって腕時計の本質を果てしなく追求するブランドの新たなムーブメントであるキャリバー9SA5は、10振動にして80時間の連続駆動を実現しながら、快適な使い心地と上質な感性価値をかつてない高次元で両立させました。ムーブメントの外観には、雫石の情景をインスピレーション源とした温かみのある流線形の意匠をとり入れながら、細部の仕上げに趣向を凝らすことで、これまでにはない、めりはりのきいた美しさをまとわせました。

グランドセイコースタジオ 雫石が生み出した9S Mechanical

先端技術と匠の技の融合から生まれる機械式ムーブメント

1998年、キャリバー9Sは誕生しました。グランドセイコーにふさわしい機械式ムーブメントを生み出すべく、同年、独自の精度規格「新グランドセイコー規格」を制定し、それを満たす完全なる新設計のムーブメントを完成させました。

機械式時計の仕組みを熟知し、卓越した技術を持つグランドセイコースタジオ 雫石の時計師たちは、200点以上の精細なパーツ同士の最適な組み合わせを探りながら、1/100mm単位で微細な調整を行い、丹念に組み上げていきます。そうして組み上げられたムーブメントは、17日間におよぶ厳格な規格に基づいた検定試験を経たのち、その精度が基準値内に収まったものだけが、グランドセイコー専用の証である「9S」の冠を得て、最高峰の精度を誇る機械式ムーブメントとして世に送り出されていきます。

キャリバー9Sは、時代を超えて受け継がれてきた技術の粋に、なお一層の研鑽を重ねた職人技と、高度な先進技術の粋を融合するという、マニュファクチュールならではの精到かつ一貫した時計づくりから生まれるのです。