Grand Seiko Sport Collection DIVER'S WATCHES

SPRING DRIVE
MECHANICAL
QUARTZ

Introduction

大都会をタフに泳ぐ、全ての男たちへ。

セイコーが1965年に初の国産ダイバーズウオッチを開発して以来、グランドセイコーは、それまで培った多くの経験を踏まえながら、緻密に、時には大胆に、リファインを重ねたダイバーズウオッチを作り上げてきました。

そして2019年、9Fクオーツモデルが加わることで、グランドセイコーのダイバーズウオッチは「9R スプリングドライブ」「9S メカニカル」を含む3つの心臓すべてを備えることとなります。
徹底した合理性が貫かれたデザインと、それを可能にする高度なエンジニアリング。その質実剛健の姿勢は全てのモデルに反映されています。
ダイビングシーンに限らず、旅やアウトドア、またはビジネスでも。その武骨でありながら洗練された佇まいは、あなたのアイデアに必ず応えてくれるでしょう。

グランドセイコーのダイバーズウオッチは、あなたの人生を力強く、そして上品に彩ります。

Scene - 1 Private

経験と響き合う。

この時計は、経験者にこそよく似合う。
何度となく訪れたあの国や、何度も歩いたあの稜線も、常に新しい経験を与えてくれる。
だから今日が、この瞬間が、最も自分の腕に馴染んでいるはずだ。
休日のリラックスした装いに馴染みながら、どこか品格を漂わせる佇まいも、きっと共鳴する部分があるのだろうと自惚れてみる。

今朝は普段よりもずっと早く起きて海に出た。
新しい何かとの邂逅が楽しみだ。

Scene - 2 Business

信頼を寄せる佇まい。

遊びの延長と言ってしまうには少々憚られるが、ここのところまた仕事が楽しくなってきた。
そんな気分に寄り添うように、この時計はジャケットの袖から覗く度に、喜々とさせてくれる。
取引先と会うフォーマルな場面ではより力強い印象を、ラフな日は翻って洗練された印象を放つその佇まいには、厚い信頼を寄せている。

今日の予定は次で終わり。
ミーティングを終えたら、今日はもう何処かへ出かけてしまおうか。

Features 製品特徴

SBGA229/231 スプリングドライブ ダイバーズウオッチ

SBGA229/SBGA231はスプリングドライブムーブメントを採用した、グランドセイコーのエポックメイキングとなる初のダイバーズウオッチです。
1965年にセイコーから製造された初の国産ダイバーズを起点とした、初期のスピリットが反映されたモデルです。

SBGH255 メカニカルハイビート ダイバーズウオッチ

2017年のグランドセイコーの独立ブランド化に際し、機械式ムーブメントを採用したダイバーズウオッチの開発に着手。デザイン性のみならず、更なる機能性のアップデートを試みました。
その結果、ヘリウム混合ガス加圧試験をクリアした、飽和潜水に対応したモデルがこのSBGH255です。

SBGX355/337/339 9Fクオーツ ダイバーズウオッチ

2018年にリリースしたクオーツモデルSBGV243/245のデザインを受け継ぎ、クオーツムーブメントを搭載したダイバーズウオッチです。
接線スタイルや平面及び二次曲面を主としたケースフォルムといったグランドセイコーのデザイン哲学は守りつつ、縦筋目仕上げを主とするケース仕上げが施され、プロフェッショナルツールのような洗練されたシャープで無駄のない機能美を感じさせる、ソリッドデザインに仕上がっています。

Features

SBGA229/231 Spring Drive Diver's Watch
01 プロフェッショナルの見知から
専門家や第一線で活躍するプロダイバーの協力のもと、過酷な環境における視認性を追求。瞬時の判読が求められるため、三角形や円といった基本図形のみで要素を構成しました。最も視認性の高い三角形を最も優先度の高い分針に採用し、緊急時にも瞬時に読み取れる視認性を確保しています。
また、面積が広いほど強い光を発する蓄光塗料「ルミブライト」の塗布面積や形状に至るまで精査。これも優先度から分針に最大面積を確保し、時針の先端は、面積が広くなり過ぎないよう3分割することで優先順位の高い針を直感的に認識できるよう調整しました。
02 保守性と操作性の進化
万が一、表示板に傷が付いてしまった場合、ベゼルごと交換せずパーツ単体で交換可能な構造を実現。
ローレット形状についても美しさと機能性の両立というこだわりを追求しました。素手でも馴染みが良いことに加え、細かい作業を行うことが難しいダイビンググローブを装着した状態でも、高い操作性を確保しています。
03 リスクを想定したインデックスへの配慮
万が一、インデックスがケース内で外れてしまうと針と絡まり時計として機能しなくなってしまいます。過酷なダイビングの中での事故は絶対に避けなければいけません。
そのため多面カットの植略字を使用する、というセイコースタイルを守るために全て植略字を採用し、植略字をかしめて固定、さらにかしめた箇所を全箇所にわたり目視で検品することで最高の信頼性と最高の美しさの両立を実現しています。
SBGA229/231 Mechanical Hi-beat Diver's Watch
01 さらなるプロフェッショナルの領域へ
ダイビングにおけるヘリウムガスの内部侵入を防ぐためにL型パッキンを採用するなど、本格仕様でありながら、全パーツが分解可能という稀有なメンテナンス性を確保。
また純鉄ダイヤルにより、「JIS2種耐磁性能」を備え、さらなるプロフェッショナルの領域へ踏み込んでいます。
02 機能性の確保が生む必然のデザイン
視認性の向上を図り、ベゼルの目盛りは60分割=60箇所に。
また、より厳しい使用環境を想定し、りゅうずは4時位置に設けています。
さらにはフィールドテストにより、光の減衰(潜水深度により色の波長が水に吸収されて可視光を損なうこと)による影響から、比較的早い段階で不可視となる色が金色であることを確認。潜水時に重要な時針や分針、ベゼル目盛りには白を、その他の優先度が低い目盛りや秒針には金色を採用し、目指す意匠性を保持しながらも、ダイビング中の視認性を確保しています。
03 畏敬の念が表現させる意匠性
プロフェッショナルへの畏敬の念が表現させたものは、機能面だけに留まりません。
純粋な意匠性においても、Sport Collectionの名前に相応しい造形への追求を行いました。
グランドセイコーならではの精緻に研磨された立体的なケースデザインは、光の反射によって生まれるハイライトの連なりが、力強くも美しい佇まいを表現します。
SBGX335/337/339 9F Quartz Diver's Watch
01 歴史をその身に宿すハイブリッドモデル
ローレット形状はSBGA229/SBGA231(スプリングドライブモデル)を起点とし、回転ベゼルの表示版はSBGH255(機械式モデル)と同様の60分割した目盛りを刻印。
両モデル開発時の知識や経験を元に誕生したデザインのハイブリッドモデルです。
02 日常と非日常を往来するデザイン
クオーツムーブメント搭載のため、グランドセイコーが誇るダイバーズウオッチの中でも最もスリムな形状を実現。ダイヤルリング内にもアラビア数字を配することで時刻の判読性を高め、ベゼルの数字には、より現代的な書体を採用し、あらゆるシーンでご着用いただけるデザインとなっています。
03 付属するシリコンバンドの実用性と独創性
限定モデル(SBGX339)のみに付属するシリコンバンドにも着用時の快適さを高める工夫が施されています。
汗や海水が抜けやすい構造となっており、腕元に水がたまりにくい仕様に。蛇腹状になった部分は高い伸縮性を備え、実用性の向上を図っています。
また、着用することで立体感の増すデザインは、グランドセイコーのダイバーズウオッチには初期から継続的に採用されている仕様で、機能と美観を兼ね備えた画期的な構造となっています。

Collection

  • Facebook
  • Instagram

© 2019 Seiko Watch Corporation