PRESS RELEASE

グランドセイコーから、世界初の機構を搭載した機械式時計のコンセプトモデル「T0 コンスタントフォース・トゥールビヨン」を発表

 セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長 兼 CEO 服部真二、本社:東京都中央区)は、国産腕時計を代表する<グランドセイコー>から、「コンスタントフォース」機構と「トゥールビヨン」機構を同軸に一体化した世界初の機構を搭載する、機械式時計のコンセプトモデル「T0 コンスタントフォース・トゥールビヨン」(以下「T0」)を発表いたします。
 このモデルは、7月20日に岩手県岩手郡雫石町に開設した「グランドセイコースタジオ雫石」に展示されます(非売品)。

 T0は、ともに高度な設計と製造の技術が要求される二つの複雑機構「コンスタントフォース」※1と「トゥールビヨン」※2を同軸に一体化して組み合わせることで、機械式時計としてセイコーの歴史上で最高レベルの時間精度を実現したものです(特許登録済)。

 2020年8月に商品化された機械式ムーブメント「9SA5」が、商品化を前提として開発されたのに対して、T0 の開発においては、機械式時計としてさらなる高精度化を遂げるために、商品化にとらわれない自由な発想で複雑機構を生み出しました。

 「グランドセイコースタジオ 雫石」におけるT0の展示では、連続して回転するトゥールビヨンにコンスタントフォースの断続的な回転が追随する、ユニークな動きをご覧いただけるとともに、二つの機構が刻む音が16 ビートの躍動的なハーモニーを奏でる様子を体感していただけます。
(スタジオは完全予約制での公開を予定していますが、新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、当面の間、公開を見合わせております。予約受付の開始時期につきましては、グランドセイコー公式Webサイトにて改めてご案内いたします。)

※1 コンスタントフォース
動力ぜんまいの巻き上げ量(ぜんまいのトルクの大小)にかかわらず、機械式時計の精度を司る「てんぷ」に、
一定したエネルギーを届ける機構。
※2 トゥールビヨン
「てんぷ」と周辺の部品を一定の速度で回転させることで、重力によって生じる精度誤差を取り消す機構。
紙誌面掲載時の一般のお客様からのお問い合わせ先
セイコーウオッチ(株)お客様相談室
0120-061-012(通話料無料)
<グランドセイコー>の公式Webサイトアドレス