PRESS RELEASE

<グランドセイコー>
「グランドセイコースタジオ 雫石」を7月20日にオープン

 セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長 兼 CEO:服部真二、本社:東京都中央区)は、7月20日、岩手県雫石町 盛岡セイコー工業内に腕時計ブランド「グランドセイコー」の機械式時計を製造する新施設「グランドセイコースタジオ 雫石」を開設し、同日、達増拓也岩手県知事らを迎えたスタジオと、設計を担当した隈研吾氏らを迎えた東京の和光本館を同時中継でつないだオープニングセレモニーを開催いたしました。

 服部真二会長 兼 CEOは、「ここは匠たちの日々のものづくりの場、そして次世代育成の場として最適な環境だと思っている。 THE NATURE OF TIMEというグランドセイコーのブランド哲学を体現する場として、また、機械式時計の聖地として世界に発信する施設にしたい。」と述べました。
 隈研吾氏は、「グランドセイコーが考える自然観を設計に反映した。木造建築でありながら、究極の精度を持つ時計を組み立てるクリーンルームの環境を両立させることは初めてのチャレンジであり、やりがいのある仕事となった。」とコメントしました。

 セレモニーでは、スタジオから初めての新製品出荷となるグランドセイコー「メカニカルハイビート36000 80 Hours」を搭載した新モデルが公開され、匠たちとともにその完成を祝いました。

(左から)
岩手県知事 達増拓也氏
盛岡セイコー工業 代表取締役社長 林義明
雫石町長 猿子恵久氏
(左から)
隈研吾氏
セイコーウオッチ 代表取締役会長 兼 CEO 服部真二
組立工房 クリーンルーム

 来訪者は、ブランドの歴史や機械式時計のしくみなどが学べるショールーム、組み立て体験イベントなどを開催するスタジオセミナールーム、岩手山を望む2階のラウンジなどで、グランドセイコーの世界観を体感することができます。ラウンジには、グランドセイコー初のコンセプトモデルが限定展示され、スタジオのオリジナルモデルを販売するショップコーナーを併設いたします。
 なお、当スタジオは、完全予約制での一般公開を予定していますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、一般公開を見合わせております。予約受付の開始時期につきましては、グランドセイコー公式Webサイトにて改めてご案内いたします。

グランドセイコースタジオ雫石 オリジナルモデル SBGH283
スタジオを取り巻く森の新緑をイメージしたグリーンダイヤル

<グランドセイコー>は、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続け、弛まぬ進歩を重ねてきたブランドです。2010年から本格的なグローバル展開を開始し、世界でも数少ない真のマニュファクチュールにしか成し得ない最高レベルの性能と洗練されたデザインで、世界中で高い評価を得ています。

盛岡セイコー工業

盛岡セイコー工業は、ウオッチ製造に最適な自然環境のもと、1970年岩手県雫石町に設立されました。部品から完成品の組み立てまで高級メカニカルウオッチの生産を一貫して行うとともに、次世代への技術継承を推進しています。同時に、持続可能な製造、自然との共生の活動を実施しています。盛岡セイコー工業のサステナビリティ活動の詳細については、こちらをご覧ください。
www.grand-seiko.com/jp-ja/special/studio-shizukuishi/sustainability.pdf

見学予約について

予約専用サイトをご覧ください。
gs-studio-shizukuishi.resv.jp

*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、一般公開を見合わせております。
予約受付の開始時期につきましては、グランドセイコー公式Webサイトにて改めてご案内いたします。

<グランドセイコースタジオ 雫石 概要>

住所

岩手県岩手郡雫石町板橋61番地1

建築面積

1,858.45㎡

延床面積

2,095.01㎡

階数

木造地上2階

紙誌面掲載時の一般のお客様からのお問い合わせ先
セイコーウオッチ(株)お客様相談室
0120-061-012(通話料無料)
セイコーウオッチ(株)の公式Webサイトアドレス
<グランドセイコー>の公式Webサイトアドレス
<グランドセイコースタジオ 雫石>の特設Webサイトアドレス