PRESS RELEASE

<グランドセイコー>
レディス専用キャリバーを搭載した小型メカニカルウオッチを待望のレギュラーモデルとして本格導入

STGK007

 <グランドセイコー>は、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続け、弛まぬ進歩を重ねてきたブランドです。世界でも数少ない真のマニュファクチュールにしか成し得ない最高レベルの性能と個性を鮮明に打ち出したデザインで、世界中で高い評価を得ています。今回発表のメカニカルモデルを皮切りに、レディスのラインアップも世界中で拡充してまいります。

≪商品特徴≫
新メカニカルキャリバー「9S27」を搭載した、5種類のレギュラーモデル

 昨年世界中で話題となったキャリバー「9S25」は、約50年ぶりに新開発され、精度の高さと長いパワーリザーブをレディス専用の小型サイズで実現した自動巻ムーブメントです。今回は、同等スペックのムーブメントを、日常で使いやすいステンレススチールモデルと、手元に華やぎを添える18Kゴールドモデルに搭載しました。厚さ4.49㎜という小型さゆえ、どちらも腕に馴染むサイズを実現し、機械式時計を求める本格志向な女性のニーズにお応えします。

5枚の花びらに見立てたがんぎ車。隠れた部品の細部にも、
女性用に開発された特別感を演出しています。
ムーブメントの動きを楽しむことのできる
シースルーバック仕様です。

究極の用の美を体現したステンレススチールモデル

  • STGK007のダイヤルは、日本古来から親しみの深い麻の布をモチーフとしたデザインを施し、しっとりと輝くシャンパンカラーに仕上げました。時間を見るたびに輝きを感じることのできるダイヤモンドのアワーマークや、熟練の職人が1 本ずつ加工を施したブルーの秒針が、意志の強さを感じさせ、幅広いシーンで頼りになる存在となります。STGK009は、移ろう光の中で豊かな表情を見せる白蝶貝のダイヤルが上品な手元を演出します。

極上の煌めきを放つ18Kゴールドモデル

  • ダイヤモンドを上から見た時の煌めきをモチーフにしたブリリアントパターンを立体的に白蝶貝ダイヤルに彫刻し、さらにダイヤモンドをセッティングすることで、華やかさと輝きを最大限に打ち出しています。一際目を引くりゅうずの大粒ダイヤモンドや上質なクロコダイルストラップなど、モデル全体から高級感が漂います。

≪商品仕様≫
<グランドセイコー>エレガンスコレクション

STGK007
STGK009