グランドセイコー Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨン
SLGT003

コンセプトモデルから現実の腕時計へ

2020年、グランドセイコーは機械式時計のさらなる高精度化を目指し、既成概念にとらわれずに自由な発想で生み出したコンセプトモデル「T0コンスタントフォース・トゥールビヨン」を発表しました。その後、このコンセプトモデルを現実のものとするために、さまざまな匠が一丸となって、キャリバーを構成する340を超える部品の一つひとつを見直し、2022年「キャリバー9ST1」の開発に成功しました。キャリバー9ST1は、コンセプトモデルよりも小型化されているだけでなく、コンスタントフォース機構により、従来のグランドセイコーよりもはるかに安定した精度を実現しています。さらに、キャリバー9ST1は、新たに設定されたグランドセイコー規格検定のもと、6方向の姿勢差と3段階の温度でそれぞれ48時間の間に生じる誤差が検定されます。これは業界標準や通常のグランドセイコーの2倍の長さです。それぞれのムーブメントは34日間かけて精度を検証され、その実測値が証明書に記載されます。プロジェクトの立ち上げから、Kodo の完成に至るまで、10年の歳月を要しました。

SLGT003

グランドセイコー Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨン

SLGT003

44,000,000 円(税込)

  • この製品はグランドセイコーフラッグシップブティック、グランドセイコーブティック、およびグランドセイコーサロンでお取り扱いしています。

製品概要

グランドセイコー初のメカニカルコンプリケーションウォッチ

「グランドセイコー Kodo コンスタントフォース・トゥールビヨン」には、世界で初めて、コンスタントフォースとトゥールビヨンを同軸上に一体化した、他に類を見ない安定した精度を実現する革新的なムーブメントが搭載されています。Kodoはその名のとおり「鼓動」。トゥールビヨンの回転をコンスタントフォースが追いかけるような独特な動きと、そこから生み出される刻音によって、この革命的な時計は視覚と聴覚の両方に訴えかけ、その存在感を放ちます。

スペック

Exterior
裏ぶた仕様: シースルーバック
6本ねじ固定裏ぶた
ガラス材質: ボックス型サファイア
コーティング: 内面無反射コーティング
ケースサイズ: 横 43.8mm 縦 50.6mm 厚さ 12.9mm
バンド幅: 22mm
中留: ワンプッシュ三つ折れ方式
腕周り長さ(最長): 195mm
Movement
ムーブメント: 9ST1 Instructions
駆動方式: メカニカル 手巻
駆動期間: 最大巻上時約72時間(約3日間)持続(コンスタントフォース機構の作動時間 50時間確保)
静的精度: 平均日差+5秒~-3秒
  • グランドセイコー独自の規格に基づき、工場出荷前にムーブメント単体の状態で、6姿勢差・3温度差の条件下で測定した場合の精度です。実際にお客様がご使用になる環境下での精度(携帯精度)とは異なります。また、メカニカルモデルの特性上、ご使用になる条件(携帯時間、温度、腕の動き、強いショックや振動)によっては、前記の精度の範囲を超える場合があります。
携帯精度: 日差+5~-1秒
Functions
防水: 日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁: あり
重量: 132 g
その他:
  • 裏ぶた「LIMITED EDITION」表記
  • 裏ぶたシリアルナンバー入り
  • 中留 PT950(一部 18Kホワイトゴールド)
  • 振動数:28,800振動/時(8振動/秒)
  • パワーリザーブ表示機能

2つの機構を一体化し、伝達効率を向上

キャリバー9ST1には、てんぷに均等なエネルギーを供給するコンスタントフォース機構と、重力の影響を軽減するトゥールビヨンが同軸上に一体化されており、エネルギーが安定的かつ効率的に伝達されます。これによって、コンスタントフォース機構の持続時間が50時間と長くなり、それだけ安定した精度を実現しています。また、この一体化構造によって、複雑な機構を備えながらもムーブメントの体積を小さくすることができ、グランドセイコーが重視する、装着性のよさを実現することができました。

精度と美しさ、音の革新

コンスタントフォースとトゥールビヨンの2つの機構が一体となって、まばゆいばかりの視覚効果を生み出しています。内側のトゥールビヨン・キャリッジは、てんぷが毎秒8振動しながら滑らかに回転し、外側のコンスタントフォース・キャリッジが1秒間隔の動きでその回転に追従します。脱進機の音と、コンスタントフォースの1秒に1回動く音が、規則正しいリズムで目にも耳にも心地よい鼓動となって伝わってきます。この力強くも安らかな16分音符のリズムも、コンスタントフォースを搭載した時計の中で最も高い振動数* を誇る9ST1ならではの魅力です。
*2022年2月現在、当社調べ。

2つの素材が調和しながらアーチを描くケース

ケースには、プラチナ950とグランドセイコー独自の素材であるブリリアントハードチタンを採用しています。どちらの素材も、ケース部分はザラツ研磨による鏡面仕上げとヘアライン仕上げに仕上げ分けされており、どの角度から見ても美しい調和が生まれます。この2つの素材は、テーパーのかかったラグの先端で最も顕著に融合し、ラグの中心に作られた中空が全体のデザインに軽快さとユニークさを添えています。

光と影が生み出す無限の奥行き

Kodoのケース内には奥行きのある空間が広がり、ケースの表と裏から光が透過することで、陰影の豊かな表情が生まれます。その表情を最大限引き立たせるために、各々の部品はさまざまな技法を用いて手作業で丹念に仕上げられています。