PRESS RELEASE

<グランドセイコー>
ミラノデザインウィーク2019 出展のインスタレーション
「THE NATURE OF TIME」東京展を開催

2019年4月 ミラノデザインウィークでの展示「FLUX」

 セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長 兼 CEO:服部真二、本社:東京都中央区)は、DESIGNART TOKYO 2019(※1)の公式プログラムとして、ミラノデザインウィーク 2019(※2)発表のインスタレーション「THE NATURE OF TIME」東京展を10月16日(水)より20日(日)まで原宿のjingにて開催いたします。
 今年4月のミラノデザインウィークに2度目の出展を果たしたウオッチブランド<グランドセイコー>。本展は、流れるように動く秒針を持つ独自の機構「スプリングドライブ」(※3)が映し出す「移ろい流れ続ける時間とその永続性」を空間として表現したそのミラノでの展示を再構成したものです。

<開催概要>

展示タイトル

「THE NATURE OF TIME」

会場

jing 東京都渋谷区神宮前6-35-6
( JR山手線「原宿」駅徒歩2分、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前< 原宿>」駅1番出口徒歩1分)

会期

2019年10月16日(水)~2019年10月20日(日)
※会期中、トークイベントも開催予定

開場時間

11:00 - 20:00

クリエーター

we+、阿部伸吾

プロデューサー

桐山登士樹

 <グランドセイコー>は、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続け、弛まぬ進歩を重ねてきたブランドです。ミラノデザインウィークへの出展に際し、昨年に引き続き、株式会社 TRUNKの桐山登士樹(きりやまとしき)氏をプロデューサーに迎え、クリエーターには、多岐に渡る領域で活動を展開するデザインスタジオのwe+(うぃーぷらす)とストーリー性の高い映像表現に定評のあるCGディレクター阿部伸吾(あべしんご)氏を起用しました。

 展示タイトル「THE NATURE OF TIME」は、「NATURE」という言葉が持つ二つの意味―「自然」と「本質」を、すべての営みが自然の一部であるとする日本ならではの時間意識と、グランドセイコーが常に追求してきた時の本質と、それぞれ捉えたものです。このテーマの下、ミラノよりスケールを拡大して展開する東京展では、「光に誘われる、時の流れの旅」を体感する空間として再構成しました。会場に足を踏み入れると、阿部氏の映像作品「movement」が来場者を迎えます。映像ではスプリングドライブの流れる秒針からこぼれ落ちた光の粒子が観る者を日常の喧騒から解き放ち、時間知覚の緩やかな変化を感じる心の小旅行へといざないます。
 we+の作品「FLUX」インスタレーションでは、ダイナミックな映像を背に、光を宿した流体の波紋が水面にゆるやかに拡がります。時のうつろいとはかなさや時間知覚が可視化され、一人ひとりの中に流れる主観的な時間へと没入していく場となります。
 歩を進めると、こより和紙(※4)に包まれる空間に「FLUX」のガラスオブジェが置かれています。手に取ると、光る粒子と中に封じ込められたパーツとが絡み合い、技術と感性とが融合して生まれるスプリングドライブのミクロコスモスの世界を象徴的に伝え、時の旅は終焉を迎えます。また、会場では、グランドセイコーの代表モデルの展示も行います。時間意識と時の本質を追求するグランドセイコーの世界観をお楽しみください。

≪クリエーターについて≫

写真左:安藤北斗 右:林登志也

we+

デザインスタジオ

リサーチと実験に立脚した独自の表現手法で、新たな視点と価値をかたちにするコンテンポラリーデザインスタジオ。林登志也と安藤北斗により2013年に設立。Gallery S. Bensimon(パリ)やRossana Orlandi(ミラノ)などのデザインギャラリーに所属。国内外での作品発表のほか、多様なバックグラウンドを持つメンバーそれぞれの強みと、日々の研究から得られた知見を生かし、インスタレーションをはじめとしたコミッションワーク、ブランディング、プロダクト開発、グラフィックデザインなど、さまざまな企業や組織のプロジェクトを手がける。DSA 日本空間デザイン賞金賞、グッドデザイン賞、エル・デコ ヤング・ジャパニーズ・デザイナー・タレント賞など受賞多数。

阿部 伸吾

CG ディレクター/デザイナー

1981年生まれ。東北芸術工科大学にてメディアアートを学ぶ。卒業後ビジュアルデザインスタジオWOW に所属。CGデザイナー、アニメーター及びディレクターとして広告に携わる。その後多くの作家とのコラボレーションの中で、映像のみならず映像投影に関わる空間演出、インタラクティブ作品、インスタレーション、さらにはファッションショーや舞台における映像演出など、メディアの形にとらわれない作品を多く手がけている。2019年は映画「天気の子」のタイトル・エンディングのモーショングラフィックスを担当した。

2019年4月 ミラノデザインウィークでの展示「movement」より
(※1)DESIGNART TOKYO
「Emotions ~感動の入り口~」をコンセプトに、表参道や外苑前、原宿、渋谷、代官山といった東京の街の各所に出展作家の作品を展示し、世界中の人々が意義のある交流ができる環境作りおよび日本を中心としたクリエイティブ産業の活性化を目指すデザインとアートの祭典です。今年は開催エリアに銀座と新宿を加え、会場数は120ヶ所以上を予定。来場者数は20万人を見込みます。
(※2)ミラノデザインウィーク
毎年4月にイタリア・ミラノで行なわれる世界最大規模の家具見本市「サローネ・デル・モービレ・ミラノ(ミラノサローネ国際家具見本市)」(日本では通称ミラノサローネ)と同時期にミラノ市内各所で開催されるイベント・アート展示「フオーリサローネ」の2つの総称です。今年で58回目を迎えた「ミラノサローネ」には、4月9日から14日までの開催期間に、181カ国の企業・団体が出展し、38万6,236人が来場しました。「フオーリサローネ」にも多くの集客があり、ミラノデザインウィークは最先端のデザイン、アートの表現の場となる国際的なイベントとして益々注目を集めています。
(※3)スプリングドライブ
ぜんまい駆動でありながら、従来にはない、日差1秒以内という高精度を実現したセイコー独自の駆動機構です。1999年、構想から20年以上の開発期間を経て、究極の省エネルギー設計と流れるように動く秒針を備えた、全く新しい領域へと進化を遂げた時計です。2004年からはグランドセイコーのエンジンとして主要モデルに搭載され、卓越した匠の技による日本の繊細なものづくりと先端技術の融合が世界から高い評価を受けています。
(※4)こより和紙
愛媛県で作られる大洲和紙を用い、紙を糸状に縒った「紙縒(こよ)り」に、和紙の原料の楮(こうぞ)を漉きこむ技法で生まれた素材。楮の絡み具合によりさまざまな表情を見せることができるのが特長です。
紙誌面掲載時の一般のお客様からのお問い合わせ先
セイコーウオッチ(株)お客様相談室
0120-061-012(通話料無料)
セイコーウオッチ(株)の公式Web サイトアドレス
<グランドセイコー>の公式Web サイトアドレス
<THE NATURE OF TIME>の特設Web サイトアドレス