Heritage CollectionSLGH007

創業者の信条を継承する
グランドセイコーの進化を独創的な
ダイヤルで表現

日本の時計産業を牽引し、「東洋の時計王」と呼ばれた、創業者、服部金太郎の信条であった「常に時代の一歩先を行く」という革新の精神と、「急ぐな休むな」という進化の精神。それはグランドセイコーのブランド思想やものづくりにも脈々と受け継がれています。一歩一歩少しずつでも急がず休まず上を目指して歩み続けること。その言葉のとおり、長い歴史の中で蓄積した技術やノウハウ、そして時計づくりへの情熱を、一年ごとに一層ずつ年輪を重ね、長い歳月をかけて成長する大樹をイメージし、有機的なダイヤル模様で表現しました。

グランドセイコーの真髄を継承しながら、日本の美意識をもって、
腕時計の本質を果てしなく追求するグランドセイコーがたどり着いた新たなデザインです。

写真:SLGH007

セイコースタイルを基本に、
「光と陰の間の美」などの日本の美意識を取り入れた、
グランドセイコーの新しいデザイン文法によってデザインされています。

Design

従来の型打ち模様よりも高低差を広げ、流線的な木目の溝にも数百箇所に及ぶ細かい筋目加工を施すことで、独創的でダイナミックな模様が実現しました。インデックスは18Kゴールドを削り出して形づくり、繊細で美しい輝きを放ちます。6時位置のSDマーク(Special Dial=金無垢のインデックスを採用したダイヤル)がこのモデルの特別さを物語ります。

  • 写真:SLGH007
  • 写真:SLGH007

Movement

新たな“鼓動”を刻む「キャリバー9SA5」

SLGH007には、メカニカルハイビートムーブメント、キャリバー9SA5が搭載されています。キャリバー9SA5は、高い伝達効率を備えた脱進機やツインバレルを採用することにより、毎時36,000振動のハイビートでありながら最大巻上時には約80時間を達成するとともに、独自の水平輪列構造によって薄型化を実現しています。この革新的なムーブメントは、雄大な岩手山を望む「グランドセイコースタジオ 雫石」で、経験豊富な匠の技によって生み出されています。

Mechanical Hi-beat 36000 80 Hours
Caliber 9SA5について

写真:SLGH007

季節の変化に富んだ雫石川の流れをイメージした、繊細なストライプ模様が特徴の「雫石川仕上げ」を施したムーブメント

写真:SLGH007

写真:SLGH007

写真:SLGH007

Mechanical Hi-beat 36000 80 Hours
Caliber 9SA5について

写真:SLGH007

Heritage Collection

SLGH007

[ Caliber 9SA5搭載 ]

詳細を見る

PAGE TOP