写真:SBGN023

Sport CollectionSBGN023

夜明けに輝く太陽の光をダイヤルに表現した、
スポーティーなクオーツGMTモデルが登場

創業者である服部金太郎の「常に時代の一歩先を行く」という理念のもと、グランドセイコーはブランド誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、見やすさ、美しさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現するために「革新と進化」を遂げてきました。SBGN023は、その金太郎の理念を具現化し、挑戦への強い意志を、夜明けに輝く太陽の光をイメージしたダイヤルで表現したモデルです。

タフな使用シーンに最適なデザインとスペック

写真:SBGN023

要素を削ぎ落とした結果生まれた機能的な造形に、耐摩耗性に優れ、擦り傷が付きにくいブラックセラミックスベゼルを組み合わせたケースは、ザラツ研磨によって磨き上げられ、ヘアライン仕上げを主体としたソリッドな印象の外観に仕上がっています。鏡面とヘアライン面のコントラストがさまざまな表情を生み出し、セラミックスベゼルとケースの造形を引き立てます。また、日常生活用強化防水(20気圧)と16,000A/mの強化耐磁性能を併せ持ち、無駄のない機能美と信頼性を発揮します。

写真:SBGN023

金色があしらわれたGSロゴ、ダイヤルリングやGMT針、ダイヤルの放射模様は、夜明けに輝く太陽の光をイメージし表現しています。これは、セイコー創業140周年という節目の年に、グランドセイコーの新たな挑戦への確固たる意志を表しています。

写真:SBGN023

裏ぶたには、シリアルナンバーとともに、ブランドの象徴である「獅子の紋章」をかたどった18Kイエローゴールド製のワッペンが取り付けられています。

Movement

Caliber 9F86

「正確で」「見やすく」「美しい」こと。ブランドの誕生以来、グランドセイコーが追求する腕時計の本質を極限まで追い求めた先にたどり着いたのが、1993年に誕生した究極のクオーツムーブメント「キャリバー9F」です。

年差±10秒以内という高精度を実現しながら、高トルクと省エネルギーを両立させることで、クオーツでは不可能だった太い針を回すことを可能にした「ツインパルス制御モーター」、規則正しい一秒を刻むために秒針のふらつきを軽減する「バックラッシュ・オート・アジャスト機構」、カレンダーを瞬時に切り替える「瞬間日送り機構」など、従来のクオーツの常識を覆す数々の新機軸が搭載されています。

SBGN023に搭載されているキャリバー9F86は、GMT機能の特長である、時間帯の異なるもう1つの地域の時刻に合わせる際に、時計を止めずに時針のみを修正する、時針単独の時差修正機能により、クオーツウオッチの高い精度を失うことなく、時差を修正することができます。

Quartz GMT Caliber 9F86について

写真:Caliber 9F86

Quartz GMT Caliber 9F86について

写真:SBGN023

Seiko 140th Anniversary Limited Edition
Sport Collection

SBGN023

[ Caliber 9F86搭載 ]

詳細を見る

PAGE TOP