THE NATURE OF TIME | Milan Design Week 2019

グランドセイコーは、2019年4月9日から14日まで、イタリア・ミラノで開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク 2019」に出展します。

2018年に続き2度目の出展となる本年は、発表の場を邸宅美術館「ポルディ・ペッツォーリ美術館」に移し、デザインスタジオwe+とCGディレクター阿部伸吾氏をクリエーターに迎え、「THE NATURE OF TIME」をテーマに、本年誕生から20周年を迎えるムーブメント「スプリングドライブ」が映し出す「うつろい流れつづける時と、その永続性」を斬新なアプローチで可視化します。

グランドセイコーは、2019年4月9日から14日まで、イタリア・ミラノで開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク 2019」に出展します。

2018年に続き2度目の出展となる本年は、発表の場を邸宅美術館「ポルディ・ペッツォーリ美術館」に移し、デザインスタジオwe+とCGディレクター阿部伸吾氏をクリエーターに迎え、「THE NATURE OF TIME」をテーマに、本年誕生から20周年を迎えるムーブメント「スプリングドライブ」が映し出す「うつろい流れつづける時と、その永続性」を斬新なアプローチで可視化します。

開催概要|Overview

出展テーマ THE NATURE OF TIME
開催期間 2019年4月9日(火)〜4月14日(日) 10:00~19:00(最終入場 18:30)
会場 ポルディ・ペッツォーリ美術館
住所 Via Manzoni 12 - 20121 Milano
会場スペース 220m²
主催 セイコーウオッチ株式会社

REPORT

一覧へ

出展内容・クリエイターContents / Creator Profiles

FLUX | we+

時の移ろい、流れの可視化を試みることで、技術と感性の調和の先に存在するスプリングドライブのミクロコスモス、グランドセイコーの思想をインスタレーションとオブジェを通して体感していただく作品です。

インスタレーションでは、“精緻さ”の先に垣間見える“時の移ろいとはかなさ”を、流体をメタファーとして表現しました。
日本的感性・美意識を体現した空間に湛えられた流体がゆるやかに光を宿し拡がり、光が徐々に全体へと溶けていくさまに映像表現が重なります。

有機的なフォルムのガラスオブジェでは技術と感性が融合して生まれるスプリングドライブがつくりだすミクロコスモスを象徴として捉えました。
オブジェを手にとり覗き込むと、光を宿した粒子は水のようにさらさらと流れ、ゆるやかにパーツと絡み合いながら、やがてオブジェの中を光で満たします。
光る粒子と中に封じ込められたパーツが絡み合い、時計の中に凝縮された“時の移ろいとはかなさ”を感じることができる作品です。

we+

we+デザインスタジオ

リサーチと実験に立脚した独自の表現手法で、新たな視点と価値をかたちにするコンテンポラリーデザインスタジオ。林登志也と安藤北斗により2013年に設立。Gallery S. Bensimon(パリ)やRossana Orlandi(ミラノ)などのデザインギャラリーに所属。国内外での作品発表のほか、多様なバックグラウンドを持つメンバーそれぞれの強みと、日々の研究から得られた知見を生かし、インスタレーションをはじめとしたコミッションワーク、ブランディング、プロダクト開発、グラフィックデザインなど、さまざまな企業や組織のプロジェクトを手がける。DSA日本空間デザイン賞金賞、グッドデザイン賞、エル・デコ ヤング・ジャパニーズ・デザイナー・タレント賞など受賞多数。

movement |

仕事の慌ただしさから流れる秒針に手を引かれるようにふとこころが別の何処か、静寂の時の世界へ誘われる。
滑らかに流れる時に身を任せ、自分を中心にゆったりと時間の流れていることを感じる。
ほんの数秒の出来事。

舞い降る雪のように、流れる川のように、滑らかに流れる時をそのまま映し出すスプリングドライブが作り出す「時間知覚」の緩やかな変化、そんな数秒のこころの小旅行を投影した映像作品です。

阿部伸吾

阿部伸吾CGディレクター

1981年生まれ。東北芸術工科大学にてメディアアートを学ぶ。卒業後ビジュアルデザインスタジオWOWに所属。CGデザイナー、アニメーター及びディレクターとして広告に携わる。その後多くの作家とのコラボレーションの中で、映像のみならず映像投影に関わる空間演出、インタラクティブ作品、インスタレーション、さらにはファッションショーや舞台における映像演出など、メディアの形にとらわれない作品を多く手がけている。

会場地図|Map

ポルディ・ペッツォーリ美術館
MM3モンテナポレオーネ駅下車
Via Manzoni 12 - 20121 Milano

Googleマップで見る

制作|Credits

総合プロデューサー 桐山登士樹(TRUNK)
会場デザイナー 森ひかる(ZITOMORI)
クリエイター we+
阿部伸吾
グラフィック SPREAD
サウンド 畑中正人

主催|Organizer

セイコーウオッチ株式会社
〒104-8118 東京都中央区銀座1-26-1
Tel: 03-3564-4597 Fax: 03-3564-5459

MENU