FLOW OF THE TIME | Milan Design Week 2018

2018年4月ミラノデザインウィークで発表しました「THE FLOW OF TIME」の
東京展を10月20日(土)から27日(土)までpolygon青山にて開催いたします。
本展は DESIGNART TOKYO 2018 の公式プログラムとしての開催になります。

東京展レポートはこちら
東京展レポートはこちら

東京展開催にあたって

About Tokyo Exhibition

DESIGNART TOKYO グランドセイコー「THE FLOW OF TIME」東京展にようこそ。

今年4月、ミラノデザインウィークで発表しました本展のテーマは、日本の美意識の中にある「時の流れ」です。古来、自然を慈しみ、そこに「美」を見出してきた日本人は、流れていく「時」にも独自の感性で向き合ってまいりました。
2020年に向かい、日本の文化・風土に全世界からの関心が高まる中メイド・イン・ジャパンのデザイン、プロダクトは、機能性に加え、その感性価値が高く評価されています。腕時計も、時間を知ること、その精度の追求にとどまらず、ライフスタイルに寄り添い感性に訴求する価値をもつようになった今、私たちは、グランドセイコーブランドに通底する「日本の美意識」をエモーショナルな表現である「アート」を通じて世界に発信したいと考えました。

モチーフとしたのは、グランドセイコーのコレクションから、自然界の時の流れを映すかのようななめらかな針の動きを特徴とする、独自の機構「スプリングドライブ」です。 この機会に、ミラノの展示を再現する「美の空間」を多くの皆さまに体感していただければ幸いに思います。

セイコーウオッチ株式会社
代表取締役会長 兼 CEO
服部 真二

展示作品

Contents Of The Exhibition

Approach to TIME.|イメージ

Approach to TIME.TAKT PROJECT

Kizamu / Nagareru
		|イメージ

Kizamu / Nagareru阿部 伸吾

各作品の紹介はこちら

開催概要

Exhibition Overview

会場polygon青山 東京都港区北青山3-5-14 青山鈴木硝子ビル B1

会期2018年10月20日(土)–27日(土) 10:30–19:30

入場料無料

東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線|表参道駅|A3出口より徒歩2分> Google マップで見る

主催セイコーウオッチ株式会社

総合プロデュース桐山 登士樹(株式会社 TRUNK)

Approach to TIME.

ディレクション・デザインTAKT PROJECT

映像製作阿部 伸吾、大木 大輔

サウンド高橋 琢哉(Oyster Inc.)

Kizamu / Nagareru

CGディレクション/デザイン阿部 伸吾

サウンドArc of Doves

AVテクニカルディレクションArque Inc.

サイン&グラフィックデザイン木村 愛

コーディネート株式会社 TRUNK

MENU