Grand Seiko
60th anniversary

Grand
Seiko
Studio
Shizukuishi

写真:グランドセイコースタジオ 雫石 写真:グランドセイコースタジオ 雫石
写真:グランドセイコースタジオ 雫石 写真:グランドセイコースタジオ 雫石
写真:グランドセイコースタジオ 雫石 写真:グランドセイコースタジオ 雫石
写真:グランドセイコースタジオ 雫石 写真:グランドセイコースタジオ 雫石

7/20 OPEN

ABOUT

2020年7月20日、岩手県雫石町 盛岡セイコー工業 雫石高級時計工房内に、グランドセイコーの機械式時計を製造する新施設「グランドセイコースタジオ 雫石」がオープンしました。ブランド誕生60周年の節目の年に誕生したこのスタジオは、2019年完成の国立競技場の設計に携わった建築家、隈研吾氏が設計を手がけています。岩手山に対して屋根を大きく跳ね上げ、建築の中からも周辺の自然が感じられる木造建築で、グランドセイコーのブランドフィロソフィ「THE NATURE OF TIME」を具現化したものです。木立に囲まれたスタジオ内には、専任の時計師が組立・調整を行う専門工房とともに、ブランドの歴史、背景を知り楽しむことのできる展示スペース、名峰・岩手山を望むラウンジを併設し、自然との共生のなかで生み出されるグランドセイコーのものづくりを体感できる場所として一般公開(完全予約制)を予定しています。

*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、一般公開を見合わせております。予約受付の開始時期につきましては、グランドセイコー公式Webサイトにて改めてご案内いたします。

写真:グランドセイコースタジオ 雫石 写真:グランドセイコースタジオ 雫石

CONCEPT

「THE NATURE OF TIME」の
   感性と本質を形にする

建築家 | 隈研吾⽒

岩⼿県雫⽯にある盛岡セイコー⼯業は、グランドセイコーを始め、セイコーウオッチの⾼級機械式時計製造の聖地である。グランドセイコー誕⽣60周年を迎えた2020年、新たに「グランドセイコースタジオ 雫⽯」を設⽴した。設計をしたのは⽇本を代表する建築家・隈研吾である。グランドセイコーの技術と真髄を、建築としてどう表現したかを聞いた。

写真:建築家 隈研吾⽒

「『THE NATURE OF TIME』というのは誰もが直感的に感じられる⾔葉ではないでしょうか。“時の本質”といった本来の意味だけでなく、NATUREとTIMEがどこか不思議な組み合わせで、⼀体のように感じる。この建築ではそれをより具体的に表現しました。⽊というNATUREの素材が建物に使われ、その空間でTIMEを刻むグランドセイコーが作られていくという、まさに直感的に感じられるものを具体的な形にして⾒せたのがこの⼯房なのです。そういう意味では、建物⾃⾝でブランドの⽬指す理念を体現できるというのは、建築家としても⾮常に⾯⽩い、楽しい機会だったと思います」。

建築はそれ⾃体が単体として成⽴するわけではなく、周囲の環境や条件も⼤きく関わるものだ。その点においても「グランドセイコースタジオ 雫⽯」は稀有な建築になる、と⾔葉を続ける。「これだけの素晴らしい⾃然環境の中で、匠の精神や技術が保たれ、ずっと続いてきたというのは類いまれなこと。そしてこの建物ができたことで、より⻑く継続し、守り伝えられていく。それは建物にとっても幸せなことだなと思います」。

新たに⽣まれた「グランドセイコースタジオ 雫⽯」で、匠によって「THE NATURE OF TIME」の理念が注がれたグランドセイコーが、⼿にする⼀⼈ひとりの腕元で時を刻み続ける。「皆さんがグランドセイコーを⾒た瞬間、その奥にはこういうスタジオがあって、そこにはこんな豊かな⾃然があって⼭や空があるということを感じていただけたらいいですね。そんなふうに時計が媒介になって、⾃然と⼈間がつながることを実感できたら最⾼だと思います」。

写真: 雫石 写真: 雫石

EXHIBITION

展示内容について

  • 機械式ムーブメント部品一覧
    広々としたエントランスホールには、グランドセイコーが誇る機械式ムーブメントを構成するパーツ一覧やグランドセイコーの製造工程を展示しています。ムーブメントの精度を大きく左右する精細な作りのパーツを間近でご覧いただき、匠の情熱が生み出す息吹を体感していただけます。
  • 組立工程
    明るい日が差し込む通路からは、ガラス越しに技能士たちが組立や精度調整を行う姿を見学することができます。ガラス手前の展示スペースには、グランドセイコーのデザイン哲学や、独自の精度基準「グランドセイコー規格」を読み解くことのできる展示が並んでいます。組立工程の中で技能士たちが使用する工具類なども展示されており、一流の技能士が持つ高い技術を体感できます。
  • 雫石オリジナルモデル
    グランドセイコースタジオ雫石でしか手に取ることのできないオリジナルモデルSBGH283の展示、販売を予定しています。毎時36,000回(毎秒10振動)という高速振動により、安定した精度を実現するハイビートムーブメント「9S85」を搭載。スタジオを取り巻く森の新緑をイメージしたグリーンカラーダイヤルに縦のストライプ模様を施した特別なモデルです。*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、一般公開を見合わせております。予約受付の開始時期につきましては、グランドセイコー公式Webサイトにて改めてご案内いたします。
  • 写真:SBGH283 Grand Seiko

    SBGH283

  • T0(ティー・ゼロ)コンスタントフォース・トゥールビヨン
    2階ラウンジには、ぜんまいの力を一定にするコンスタントフォースを、トゥールビヨンと同軸に備え、かつ一体化された世界初のムーブメントとなるコンセプトモデルを展示しています。
    連続して回転するトゥールビヨンにコンスタントフォースの断続的な回転が追随する、ユニークな動きをご覧いただけるとともに、二つの機構が刻む音が16ビートの躍動的なハーモニーを奏でる様子を体感していただけます。詳しくはこちら
  • 写真:T0(ティー・ゼロ)コンスタントフォース・トゥールビヨン
写真:盛岡セイコー⼯業 林義明社⻑

MESSAGE

精密機械である時計と、⾃然との
共⽣の重要性

盛岡セイコー⼯業 | 林義明社⻑

私たちの50年の歴史は、雫⽯の⾃然とともにありました。とくに近年では⽣物多様性の活⽤に⼒を⼊れ、社内緑地も緩やかに⼿⼊れをし、できるだけ⾃然の形を残す活動を進めています。また⽣産活動でもゼロエミッションに向け、省エネモニター機器の設置始め、CO2排出削減に取り組んでいます。時計は精度が求められ、緻密な部品から成り⽴つものであり、こうした環境が⽋かせません。それはものづくりの原点であり、製品を作るためには⾝近にある⾃然ときちんと共⽣していくことが⼤切なのです。
時計というのは、それだけ⼈間に⾝近で⼼情を映し出す存在だからでしょうね。特に『THE NATURE OF TIME』の理念を掲げるグランドセイコーが、⾃然の中でどれだけその本質を追求できるか。ものづくりを通してぜひ実現していきたいと思っています。

写真:盛岡セイコー⼯業 | 加藤幸則副社⻑

MESSAGE

「グランドセイコースタジオ 雫⽯」の
⽬的は⼈材育成であり、働く⼀⼈
ひとりの
意識改⾰を促すことでもある。

盛岡セイコー⼯業 | 加藤幸則副社⻑

ものを作るという意味では、これまでと同じ、この拠点でやってきたことに大きな変わりはありません。ですが、そこで多くの人に私たちの仕事をより深く理解していただくということがスタジオ設立の大きな意義であり、そうした自覚を持って仕事をしていくことが個々のモチベーション向上にもつながることでしょう。ここで自分がものを作っていくというプライドと自信が大きな支えになるのです。ブランドへの評価は、品質や機能だけでなく、どんな⼈が関わっているのか。それを可視化し、語れるかが今後⾮常に重要になります。このスタジオで働く⼀⼈ひとりが胸を張ってそれができるようになった時には、グランドセイコーはより強いブランドになっていると思います。

グランドセイコースタジオ 雫石  Grand Seiko Studio Shizukuishi

〒020-0596 岩手県岩手郡雫石町板橋61-1 盛岡セイコー工業株式会社内